高品質な音声通話を実現する光回線用Voiceスイッチ。適合認定品。

PS-51J サクサ製PLATINA用推奨 沖電気製CrosCore用推奨品

Voiceスイッチとは

設置上の責任分界点明確化と音声品質確保を一挙に解決。

Voiceスイッチ(PS-51J)は、光電話サービスを利用するユーザオフィス内ネットワーク機器の前段での設置機器として開発されたものです。PBXのオンプレから音声クライド対応まで音声等のデータを優先させたいポートを有しているため品質の確保と責任分界点の明確化が可能となります。

本機器採用メーカ機種名

サクサ製PLATIA、沖電気製CrossCore、パナソニック製IP Office

メーカ検証済機器名

NEC製Aspire

その他導入実績メーカ名

ナカヨ製、日立製、岩通製、NTT製等々

PS-51Jの特徴

ONU配下のネットワーク機器はコンプライアンス上適合認定品である必要があります

光回線に接続する(ONU配下の)端末は、電気通信事業法第52条の順守を明示した技適マーク(JATE適合認定)を取得した機器である必要があります。詳細は、以下解説資料をご参考ください。

【解説】端末設備に関する電気通信事業法概要(PDF:112KB)

主装置とルータは前段で分岐を推奨します(要Voiceスイッチ)

音声を優先制御するので音切れ発生はしません

雷サージ対策がされてます

音声を優先するための難しい設定は不要

Voiceポートに差し込んだケーブルの音声データが優先されます。

仕様

インタフェース規格 IEEE 802.3 10BaseT Ethernet
IEEE 802.3u 100Base-TX Fast Ethernet
IEEE 802.3ab 1000Base-T Ethernet
IEEE 802.3x Flow control and Back pressure
IEEE 802.3az Green Ethernet
データ送信速度 Ethernet
10Mbps/Half-Duplex
20Mbps/Full-Duplex
Fast Ethernet
100Mbps/Half-Duplex200Mbps/Full-Duplex
Gigabit
1000Mbps/Half-Duplex
2000Mbps/Full-Duplex
インタフェースコネクタ 10/100/1000Base-T:RJ-45×5(MDI/MDI-X自動機能付き)
スイッチング方式 ストア&フォワード
送信キュー(QoS) 加重型ラウンドロビン・スケジューリング(WRR)
VOICEポート:完全優先キュー固定
ポート定義(優先順位) WANポート × 1
VOICEポート × 1(優先順位高)
DATAポート × 3(優先順位低)
LED表示 PWR (橙)×1、LK/ACT(緑)×5、100Mbps×5、1000Mbps×5
MACアドレス 4000 (自動学習機能付き)
電源定格 AC100V (50/60Hz)
最大消費電力 8W
装置重量 約400g
外形寸法 約 W 155 × D 86 × H 33 (mm)
使用環境条件 0℃~40℃/湿度10~90%RH (結露なきこと)
保存環境条件 -20℃~70℃/湿度10~90%RH (結露なきこと)
EMI規格 VCCI クラスA/FCC Class A, CE
添付品 取扱説明書、マグネット、ゴム脚
適合認証番号 D15-0043001(専用通信回線設備等端末)
その他 RoHS指令対応

製造元/設計企画販売元

製造元 Pride Tech Corporation
5F-2, No. 159, SongTeh Road., Taipei 110, Taiwan,
設計企画販売元 アイ・マーキュリー株式会社
東京都千代田区神田司町2-14大鷹ビル5F
TEL:03-6265-1860 FAX:03-6265-1862

資料ダウンロード

製品パンフレット(PDF:217KB)

資料ダウンロード

製品仕様書(PDF:161KB)

資料ダウンロード

製品外観図(PDF:235KB)

資料ダウンロード

取扱製品ならびにサービスについてのお問い合わせ