光電話で音質が悪い(ノイズがする)原因と対処法

光電話はインターネットで高速・安定の通信を行うことも可能な光回線を利用した電話機能となっていますが、光電話を利用している最中にもしも音質が悪い、ノイズが発生するという場合にはいくつかの原因が考えられます。

今回はそんな光電話で音質が悪い、ノイズがする時の原因と対処法についてご紹介します。

光電話とは?

光電話とは東西のNTTなどの電気通信事業者が提供しているサービスのことで、一般的な電話線を利用するのではなく、光ファイバーを使ってIP電話として提供しています。

光電話と聞くと最新の新しい仕組みと言ったイメージを持ちますが、普段使用している電話と全く変わりがありません。

光電話の仕組みについて

なぜ、光電話で通話をすることができるのでしょうか?

アナログ回線の場合は、電話線を活用して電気で音声を伝えています。

一方、光電話の場合は光を通じているので電気とは全く関係ありません。
これによって、外から受ける障害を最小限に抑えることができます。

ただし、光電話を利用する時には光ファイバーを導入する必要があるので、ケーブルを取り入れる工事を行う必要があります。

音声の質が悪くなってしまう原因と対処法

ノイズによる音質劣化

光電話を利用していると、音質が悪くなってしまうことがあります。

例えば、ノイズや低い音が入ってきた時の原因として考えられるのは、たこ足配線になっている可能性があります。
できれば、スイッチングハブやルーターは単独になっていることが望ましいので、そういった配線に切り替えてください。

他にも、音飛びや音割れなど音質が悪いと思った時は、LANケーブルを外してみたり、スイッチングハブやルータの電源をオフオンしてください。
無線の場合は、LANカードを抜き差しし直したり有線に変えたりしてください。

これで改善しない場合には、ご利用の設置業者や電気通信事業者へ連絡することをおすすめします。

音声廃棄による音質劣化

光電話でネットと電話両方一緒に使っているとネット利用でのデータ量が多くなってしまうので、その分電話のパケットは廃棄されてしまいます。
これによって、音声の品質が悪くなることがあります。

こういった時、音声品質を下げない為に音声優先モードに設定することができます。
音声優先にすることでネットではなく音声の方を優先にするので、品質低下を防ぐことができるので、不具合を防ぐことができます。

音質が悪い、ノイズがする時の対処法としてはデータ量を抑えたる音声優先モードに切り替えることが大切です。
光電話をよく利用するという方は、ぜひこの設定に切り替えてみましょう。

光回線用Voiceスイッチ